婚活の経験と夫との出会い!やる気がなくなった時にチャンスが

20代、女性
三重県在住

20代半ば、合コンで知り合った1歳年上の男性と交際しました。恋愛経験は豊富そうでなく、穏やかでスポーツマンな彼が大好きでした。交際は順調でしたが、交際後1年も経たずに自分の仕事の関係で遠距離恋愛になりました。距離が離れたことからくる寂しさからか、遠距離が始まってすぐに彼からプロポーズされました。高いレストランや指輪の準備もありませんでしたが、彼の誠意は十分伝わりましたし、彼への愛情からお願いしますと即答しました。

それからは彼の存在を励みに仕事に打ち込み、月に1~2回の頻度で会う生活でした。プロポーズをされていたので、互いの両親へのあいさつや入籍はいつ頃になるのだろうと思っていましたが、彼から具体的な話はなかなか聞けず…。そうしているうちに、仕事が忙しいからと、会う頻度が減っていきました。私はとても心配しましたが、あまり強引に会うのも気が引けましたしそっとしておくのがいい彼女だ!と思って、彼から会おうと言われるまで待つことにしました。

会えるのが3~4か月に一度程度になっていた頃、私の誕生日がきました。彼から連絡はなし。その頃には恋愛相談をしていた友人たちからももう別れた方がいいよと言われていましたが、婚約していることをお守りにして私は彼を信じていました。

しかし誕生日当日に連絡がなかったことでようやく目が覚め、数日後に自分から連絡して会うことに。仕事でやつれ果てていると思っていた彼は涼しげな表情で「ごめんごめん、そうだよね、別れよ。」と言いました。大きくショックを受けたと共に、恋は盲目ってこういうことなんだなと急に冷静になった出来事でした。

別れてからはとてもすっきりして立ち直りは早かったです。その勢いで、「もう恋愛はこりごり、結婚のための出会いしかいらない!」と、結婚相談所に入会しました。自分のプロフィールや相手の条件を登録し、私にお勧めと表示された男性や、向こうからトークしたいと申請があった男性とは積極的にトークをし、コロナ前でもあったのでお茶のお誘いは断らずに行くようにしました。

最初は気合十分で毎週1~2人の男性と会い、いいなと思う方とは4回程会いました。4回目ともなると車で遠出して1日中一緒にいるようなデートでした。しかし告白はなく、そのままお互いフェードアウト…。共通の知り合いがいるわけではないので、仲介してもらった人に対して申し訳なくなることはないのですが、逆に相手の気持ちをリサーチすることも、その後どう過ごしているか知ることもできず、幽霊とデートしていたのではないかと思ってしまうくらい実感のないデートを繰り返していました。

婚活あるあるとは思いますが、カップル成立までなかなかいかずにひたすら初対面の男性と会い続けていると疲れてきますし、「あれ…、なんで私結婚したいんだっけ…?」と結婚に対してモチベーションが保てなくなっていました。

30歳を過ぎても独身で素敵な女性は周りにもいましたし、結婚すれば絶対に幸せなのかと考え始め、婚活はいったんお休みしようと、婚活サイトで新しく申請をするのはやめました。ちょうどそのくらいのタイミングで今の夫と出会いました。

社会人になって運動する機会が減り体力が落ちた気がすると思い、婚活とは全く関係なく、トレーニングジムに通い始めました。遠距離の彼氏と別れ、彼に使っていた分の時間やお金ができたからという理由もありました。夫は私よりも先にそのジムに通っている会員さんで、小さいジムだったので、数回通うだけでよく来る会員さんの顔はわかるくらいになりました。店員さんと会員との距離感も近く、プライベートで飲んだりするとのことでした。気さくな店員さんに誘われてその飲み会に行った時に、今の夫とは初めて会話をしました。

彼を恋愛の対象として考えたことがなかったので、初めて会話した飲み会の席でも特に意識していませんでした。むしろ、自分より2歳年下と知り余計に恋愛対象にはならないな、と思いました。その時の彼の年齢は、ちょうど以前に交際していた男性がプロポーズしてくれた頃の年齢でもありました。なのでもし万が一付き合うことがあったも、どうせ結婚を本気で考える年ごろではない、結婚の可能性もないのに付き合うのはなし、と思っていました。

その飲み会から、彼から毎日のようにLINEが来るようになりました。やりとりを続けるにつれて自分に好意があると感じた時、「この人は対象外!」と思っていたのにすごく浮かれている自分がいました。2人で会ってみると彼との時間があまりにも心地よく、すぐに付き合うことになりました。付き合った時は正直、「これで結婚から遠のいてしまった…。」と思っていました。

付き合って半年ほどでコロナが流行り始め、会わなくなるどころか互いの家に引きこもるようになり、長い時間を一緒に過ごすようになりました。自然に何でも話すようになり、トントンと結婚することに。
出会いや結婚を強く求めている時はできないのに、あきらめた途端に叶うのだなぁと思った夫との出会いでした。夫とは最近結婚1周年を迎え、いつも仲良く楽しく過ごしています。

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。